ブログ

スマホ決済(スマートフォン決済)とは

前回記事では日本のキャッシュレス推進の背景と今後のキャッシュレス拡大の可能性についてご案内しました。
今回は店舗事業者様向けにここ数年のキャッシュレス普及の追い風とされているスマホ決済(スマートフォン決済)についてご案内します。

(前回記事も併せてご覧ください!)


これまで日本では消費者によるキャッシュレス決済といえばクレジットカードが大部分を占めていました。
クレジットカードは主に高額決済に用いられ、コンビニなどの少額決済では利用することはありませんでした。
あらゆる機能を網羅してきたスマートフォンですが、ここ数年少額決済にも手軽に活用可能なスマホ決済が増加しています。

政府は2019年の消費税増税時に「キャッシュレス・ポイント還元事業」を行い、キャッシュレス決済を使用した消費者にポイントを還元しました。
これは、増税による消費意欲の低下への対策と同時にキャッシュレス決済の普及も目的になっていました。
キャッシュレス決済を普及させるためには、まずは気軽にキャッシュレスを利用できる店舗を増やす必要があります。
そのため、消費者還元事業では、中小・小規模事業者がキャッシュレス決済事業者に支払う加盟店手数料の補助も行い、キャッシュレス決済導入店舗の増加を図りました。


また、新型コロナウイルスにおいては、お札や硬貨に触れることなく支払いできることから、感染予防にも繋がりスマホ決済は増加傾向です。

スマートフォンによるキャッシュレス決済いわゆるスマホ決済は主に2つの手段があります。

■ 非接触型IC決済(タッチ式)

スマートフォンに搭載されたNFCなどの技術を利用した決済方法です。NFCにはいくつかのの規格がありますが、日本では読み取り速度に優れソニーが開発したNFC規格の一つでありますFeliCa(NFC-F)が主流です。

FeliCaは読み取り速度に優れており、スマートフォンをかざして約0.1~0.2秒でデータ送受信が完了します。
読み取り機にかざすことを指してタッチ式とも呼ばれます。
FeliCaを利用した非接触型IC決済は10年以上前のフィーチャーフォン(ガラケー)時代から使われ、鉄道などの交通機関でも広く活用されています。

店舗で非接触型IC決済を導入するにはスマートフォンの情報を読み取る機器が必要になります。
コンビニエンスストアなどではレジ一体型も多くみられます。

初期の電子マネー(企業により提供される情報通信技術を活用した支払手段)は、この非接触型のIC決済です。
主な電子決済は以下の通りです。

  • iD
  • モバイルSUICA
  • QuickPay
  • Edy

因みにiPhoneの「Apple Pay」やAndroidスマートフォンの「Google Pay」は、これらの決済方法をまとめて管理する機能を指します。

■ QRコード(バーコード)決済

ここ数年急速に浸透してきたのがもう一つのスマホ決済サービスのQRコード決済です。
QRコード決済は多くのキャッシュレス事業者が注力しております。
また、先述の「キャッシュレス・ポイント還元事業」を境に、利用できる店舗に加え利用者も急速に増えています。

このQRコード決済も種類が二つあります。

1.ストア(店舗)スキャン

ストア(店舗)スキャンとは、ユーザーのスマホアプリのバーコードを、店舗側がバーコードスキャナー等でスキャンして読み取り、金額を入力して支払いをする方法です。

通常のレジでの精算同様に金額の入力は店舗側が行います。
ストアスキャンを導入する場合は、店舗側もバーコードを読み取るための専用スキャナーもしくは、スキャナー機能を活用するためのスマホやタブレットなどを用意しておく必要があります。

2.ユーザースキャン

ユーザースキャンとは、ストアスキャンとは逆に店舗側が提示するQRコードをユーザーがスマホのアプリで読み取って支払う方法です。
注意するのは金額の入力もユーザーが実施しますので、店舗側はユーザーが入力した金額の確認が必要になります。


店舗でユーザースキャンを導入する場合は、ユーザーが読み込むためのQRコードの掲示が必要になるだけです。
印刷したPOPやQRコードを表示するスマホやタブレットだけで決済が可能になります。
キャッシュレス事業者から配布されるQRコードのPOPがあれば初期費用もかからず導入できることがメリットです。

キャッシュレス先進国の中国では、これらのQRコード決済が導入されたことで一気にキャッシュレス比率が高まりました。
インバウンド顧客の多い店舗では「アリペイ」や「ウィーチャットペイ」の名前を耳にすることも多いかと思います。

エヌ・アイ・エル・テレコムでは店舗運営事業者向けにスマホ決済などのキャッシュレス導入のご支援をしています。
まずはご相談からお気軽にお問合せください。

    関連記事

    1. ボイスチャットと音声コミュニケーションの特徴
    2. 雑談によるコミュニケーションとその効果
    3. 店舗型のサービス業にビジネスチャットが有用な理由
    4. sub6とミリ波の違いは?電波の特徴から5Gを理解する
    5. 5Gとは?なぜ今注目されているのか
    6. ITツールで移動時間のムダを無くす
    7. web会議をスムーズに進行させる5つのコツ
    8. 新幹線で快適テレワーク
    PAGE TOP