ブログ

ローカル5Gとは? 特徴と普及に向けた課題をご案内

5Gは消費者向けの用途だけではなく、多くの企業のビジネス変革や社会課題を解決するインフラとして注目されています。
その中でも5Gインフラを活用した「ローカル5G」が密かに注目を集めています。
そこで今回の記事では「ローカル5G」の概要とメリットから普及に向けた課題までご案内します。

(過去記事もご参照ください)

■ パブリック5Gとローカル5G

一般消費者から考えると5Gとは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの携帯電話事業者が整えるインフラを思い浮かべると思います。
携帯電話事業者が自社の顧客向けに全国に敷設を進めている5Gをパブリック5Gと呼びます。
このパブリック5Gは2020年春に商用開始しています。一般的に5Gといえばこのパブリック5Gを指します。

5Gの特徴は以下の3点です。

  • 超高速通信
  • 低遅延
  • 多数同時接続


いっぽう、携帯電話通信事業者以外の企業や・自治体などが、自らの建物内や敷地内といった限られたエリアで自営の5Gネットワークを構築・運用・利用することをローカル5Gと呼びます。
端的に書くと”自営・自前の5G”という位置づけになります。
NTTドコモなど携帯電話事業者はローカル5Gを提供することが出来ません。
自営の5Gを構築するには、そのエリアで5G網を活用する企業や自治体もしくは、5G網を導入支援する企業が、国で指定された無線局免許を取得する必要があります。

■ ローカル5Gのメリット

過去記事で、携帯電話事業者が展開する(パブリック)5Gのエリア構築には、時間がかかる可能性をお伝えしました。
ローカル5Gは、キャリアが展開するパブリック5Gとは別建てのサービスですので、自前で先行して構築することが可能になります。
外部環境による混雑時などの通信障害にも左右されず安定した通信品質が見込めます。

自前のネット環境という観点から、似たようなシステムでWi-Fi環境があります。
Wi-Fiと違いローカル5Gは無線局免許に基づく通信なので安定的な利用が可能になります。

ローカル5Gは自前のシステムになりますので、自社にあった使用用途に応じて、性能を柔軟に設定することができます。
不特定多数が利用するパブリック5Gと比較して強固なセキュリティ環境の構築が可能になります。
セキュリティを自社基準で個別最適することができ、通信障害に対しても自社内で迅速に対応することができるようになります。

このようにローカル5Gは個社ごとにさまざまな個別のニーズを満たすことが可能になります。
パブリック5Gの全体最適なインフラ構築と対比すると、ローカル5Gは個別最適でインフラ構築できることが最大のメリットとなります。

総務省もローカル5Gを推進しています。
総務省では、ローカル5Gを地域のニーズや多様な産業分野の個別ニーズに応じて、様々な主体が柔軟に構築できるサービスと位置付けてます。

■ ローカル5Gが期待される分野

◇製造業での導入スマートファクトリー

スマートファクトリーとはIoTやAIを導入して活用している工場のことです。
工場内の生産性をあげるためには、さまざまな機器をインターネットにつなげ、データを活用することが重要です。
ローカル5Gを使うことで、通信速度は格段に速くなり、遠隔にいてもリアルタイムでのやり取りが可能となります。
また、工場内で部品や製品を無人で搬送してくれる自動運転などが実現できれば、業務効率にも大きく寄与できます。その結果、生産性の向上が期待できます。

◇建設現場への導入

危険の伴う仕事である建設従事ですが、高い安全性の確保と作業員同士や、離れた監督者と作業者との円滑なコミュニケーションを確保することは重要です。また、特殊技術が必要な建設現場では、熟練技能者の減少も深刻な課題であり、人材不足対策も急務です。

そんな建設現場こそ超高速大容量通信且つ建設現場以外の通信状況に左右されない環境をスポット的に構築でき、さらには個別ニーズにも対応できるローカル5Gを導入することで様々な課題を解決することが期待されています。

■ ローカル5Gの課題

良いことずくめのローカル5Gですが、最大の課題は導入するにあたって多額の投資が必要となることです。
黎明期であるため、個々の試算も一概には答えることは難しいですが、局地のみとはいえ、基地局の敷設など通常の通信会社と同じ設備を自前で構築するにはそれなりの費用がかかります。

しかしながら、時と共に低廉化が進むことや、今後助成金など充実することが期待されています。
是非今のうちからローカル5Gについて情報収集をしましょう。

エヌ・アイ・エル・テレコム法人営業部では、モバイル通信を活用した業務改革のお手伝いをしております。
まずはご相談からお気軽にお問い合わせください。

    関連記事

    1. そもそもテレワークとは?
    2. 事業再構築補助金と7月28日セミナーのご案内
    3. モバイルワークとビジネスチャット
    4. web会議で画面共有を積極的に活用しよう
    5. ビジネスチャットWowTalk を安否確認にも活用しよう
    6. オンライン商談(web商談)のメリットとは 
    7. オンライン商談(web商談)はテレワークと呼べるものなのか?
    8. ビジネスチャットの既読機能の是非
    PAGE TOP