ブログ

5Gとは?なぜ今注目されているのか

日本でも2020年より商用サービスが始まり、ニュースで耳にすることが多くなった『5G』。
その一方で、「5Gでどんな世の中になるのかわからない」「5G=単に通信速度が速くなること」と思っている人も多いと思います。

そこで今回は5Gの基礎概要と注目されている理由をなるべくわかりやすくご案内します。

■5Gの概要と特徴

5Gとは第5世代移動通信システムのことを指します。一般的に5th Generationから「5G」と略され呼ばれています。

(1)超高速通信(2)低遅延(3)多数同時接続の性能を備えた、第5世代移動通信システム(モバイルネットワーク)です。
因みに4Gとは、第4世代移動通信システムであり、少し前までLTEと呼ばれることもありました。
4Gの次世代通信システムが5Gです。

国際標準化団体のITU-Rが示す5Gの主な要求要素(目標値)は以下の3点です。

(1)超高速通信

その名の通り高速の通信が可能になることです。
下りで20GBbps、上りで10Gbpsと現行4Gの10倍以上の高速通信が可能になります。

(2)低遅延

基地局と端末間の遅延時間が大幅に短くなります。4Gの10分の1にあたる1/1000秒まで短くなります。

低遅延は通信の信頼性に繋がります。
通信の信頼性が格段に高くなることにより、交通インフラや遠隔医療の活用などこれまで以上に重要なシーンでモバイル通信回線の活用が見込まれます。

(3)多数同時接続

一定エリアにおける同時接続数も大幅に増加します。
1平方キロあたりで100万台の同時接続を求められています。
イベント会場など大多数が集合するシーンで活用が見込まれています。

4Gまでの移動体通信の進歩は主に(1)の高速通信に焦点があたっていました。
いっぽう5Gでは、高速通信以外に(2)の低遅延と(3)の多数同時接続が新たに着目される機能性です。

留意していただきたいのは、5Gになったら上述の3要素がすぐに始まるわけではありません。
通信事業者のインフラ投資やデバイスの進展に基づき徐々に性能の進歩が進んでいきます。

2021年現在5Gは、まだエリアも限定され、高速通信などフルスペックのポテンシャルを出し切るまでは、もう少し待つ必要があります。

■5Gの周波数帯

5Gで利用される周波数の帯域幅は、日本では2系統に分類できます。
現在エリアが広がってるのは、sub6と呼ばれる3.7GHz帯と4.5GHz帯です。
今後のエリア拡大が見込まれるのがミリ波と呼ばれる28GHz帯です。
4Gの帯域幅は最大で40MHzでしたが、sub6が最大100MHz幅、ミリ波が最大400MHz幅となっています。
4Gと比較して広い帯域幅になることにより、高速且つ大容量通信が可能になります。

高速通信などの5Gのフルスペックを実現するのはミリ波で可能になります。

■5Gが注目される背景

技術的なことはさておき、5Gが日本だけではなく世界的にも注目されている背景を考えてみましょう。

(1)大量且つ広範囲でデータやり取りが可能になり社会インフラとなる

データは「21世紀の石油」と言われています。
これまでは人が使うスマートフォンやパソコンなどを通してのデータ送受信が主流でした。
これまでの通信技術の進展はコミュニケーションのあり方や動画配信などエンターテイメントを中心に変化を続けてきました。
どちらかというと消費者・生活者目線での進歩が大きかったと思われます。
5G時代になると、スマートフォンやパソコン以外のあらゆるモノから通信が可能になり、そのデータから様々な価値創造が可能になると期待されています。

IoTという言葉をよく耳にすると思います。
IoTは「モノのインターネット」とも呼ばれています。
これまでは、インターネットにつながらず独立して動いたモノ、たとえば家電、医療機器、工場の機械、自動車などがネットワークに接続され、データの収集・分析が可能になります。
その結果、監視や制御なども自動で行えるようになります。

5Gは単にスマートフォンやタブレットの通信が速くなるといった類いの次世代通信ではなく、IoTをいま以上に進化させ、普及を促進するための社会インフラになるといわれています。


(2)多くの産業分野が5Gの恩恵を受ける

5Gのテクノロジーを活用した業務改革は、あらゆる産業で注目されています。
第三次産業であるサービス業はもとより、農業などの第一次産業から製造業などの第二次産業を含めあらゆるシーンで、これまでの働き方や仕組みを変える可能性があります。
産業だけではなく自治体など社会分野でも様々な課題を解決する手段として5Gを見据えています。

4Gまでの技術進歩は主にデバイスを介して人の生活を支援するサービスが重視されていました。
しかし5Gになると人の生活支援をするサービスだけではなく、多くの産業分野において競争力の源にもなります。企業間取引にまで大きなインパクトを与えると考えられます。

■5Gで変革が期待される分野

総務省「電波政策 2020 懇談会」の参考資料では、5Gの経済効果を約46兆円と試算しています。
主な項目を挙げると


  • 交通事故の低減、自動運転による運転時間有効活用などの交通分野で21兆円
  • ビッグデータやIoTを活用した製造業やオフィス関連で13.4兆円
  • 遠隔医療やウェアラブルデバイスの医療への登用による医療・健康・介護分野への経済効果が合計5.5兆円

4Gまでの進展と比較して5Gが幅広い領域で期待されていることが読み取れます。
5Gで変わる未来への希望は高まるいっぽうです。
本記事をきっかけに今後のビジネスを考えるうえで5Gに興味を持っていただければ幸甚です。

エヌ・アイ・エル・テレコムでは、スマートフォンやモバイル通信を活用した業務改革の手伝いをしております。
お気軽にお問い合わせください。

(併せてご覧ください)




    関連記事

    1. モバイルワークとビジネスチャット
    2. 在宅勤務の生産性を向上させるツール3選
    3. テレワークのコミュニケーション課題とその対策
    4. ビジネスチャット活用のコツ – ルーム(スレッド)作…
    5. オンライン商談(web商談)はテレワークと呼べるものなのか?
    6. ビジネスチャットWowTalk を安否確認にも活用しよう
    7. 同期型と非同期型のコミュニケーションを使い分けよう
    8. web会議で画面共有を積極的に活用しよう
    PAGE TOP