ブログ

クラウドサービスのメリットとデメリット

「クラウド(cloud)」というフレーズを口に出す、もしくは耳にすることが多くなったと思います。
今回はクラウドについて、初心者でもわかるように解説します。

クラウドとは

クラウド(cloud)とは「クラウドコンピューティング」の略称です。コンピューターの利用形態のひとつです。

これだけでは、理解しづらいので、「クラウドではない」コンピューティングを考えてみましょう。
これはデータやアプリケーションが、使用しているパソコンのみに入っている状態を表します。
例えば文章を作成するためには、入力や編集するWordなどのアプリケーションがまずパソコンに入っていることが前提になります。
そのアプリケーションで作成したデータもそのパソコンの中だけに保存されます。
つまりパソコンのみで、データの作成・編集する作業からデータの保存領域まで網羅されています。



いっぽうクラウドは、利用者からみると、作業は手元のパソコンやスマートフォンで完結するところは同様ですが、Wordなどのアプリケーションはインターネットなどのネットワークに接続されたクラウドサービスの事業者側から提供されていることになります。
作業そのものはパソコンやスマートフォンで行いますが、データそのものはインターネット上にあるクラウド事業者のサーバ等に保存されています。

クラウドサービスとは

このようなクラウドの仕組みを活用したサービス全般をクラウドサービスと呼びます。
クラウドサービスとは、広義で且つシンプルにすると「インターネットに接続して利用するサービス全般」を指してるといえます。
インターネットに接続して利用することにより、いつでもどこでもそのサービスを利用することが可能となります。クラウドはインターネット接続が前提となります。

クラウドサービスとスマートフォンの相性

そんなクラウドサービスと相性の良い端末といえるのが、スマートフォンです。
スマートフォンはパソコンと違い、いつでもどこでも持ち運ぶことが可能です。
またインターネットに常時接続されていることを前提に様々なサービスが設計されています。

皆様もプライベートで活用しているGoogleの「Gmail」(クラウドを活用したメールサービス)は代表的なクラウドサービスの一つです。

クラウドサービスのメリット

スマートフォンの普及につれクラウドサービスの重要性が再認識されてます。
クラウドサービスの主なメリットを3点あげます。


  • 場所を問わず作業やデータの閲覧が可能になる
  • パソコンとスマートフォンなど複数のデバイスで作業が可能になる
  • データの保存バックアップや共有が可能になる

それまでは事務所のデスク上のパソコンでしていた作業が、外出中でも同様の作業が可能になりました。
さらに、事務所ではパソコンで外出先ではスマートフォンやタブレットと複数の端末で同じデータやファイルの作業が可能になりました。

また、データがパソコンやスマートフォン内にしか存在しない場合は、そのデータの入っている端末が故障もしくは紛失した場合はデータの復旧を諦めるしかありませんでしたが、クラウド上にあることによりそのデータの復旧も容易に可能になります。
データがクラウド上にあることにより多人数でデータやファイルの共有も可能になります。

クラウドサービスのデメリット

多くのメリットのあるクラウドサービスですが、最大のデメリットはインターネット接続が前提となっていることです。
つまりインターネットに繋がらないもしくは接続速度が大幅に遅くなった際にはサービスそのものが利用できなくなることです。

このような事態を避けるためにもスマートフォンのデータプランの定期的な見直しやパソコン用にWi-Fiルータの準備も是非ご検討ください。

中小企業向けのクラウドサービスは以下の記事をご参照ください。

エヌ・アイ・エル・テレコムはスマートフォンやWi-Fiルータを取り扱っております。
また、販売だけではなくプラン見直しや最適プランのご相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

    関連記事

    1. テレワークと研修効果
    2. 同期型と非同期型のコミュニケーションを使い分けよう
    3. リモートワークとは?テレワークとの違いは?
    4. ビジネスチャットのメリットとは?
    5. 「テレワーク・デイズ2021」に参加します
    6. 店舗型のサービス業にビジネスチャットが有用な理由
    7. スマートフォンのテザリング機能について
    8. ご挨拶
    PAGE TOP