ブログ

オンライン商談(web商談)はテレワークと呼べるものなのか?

この1年でオンライン商談(web商談)を始めた企業も多いと思われます。
始めた当初は戸惑いながら実践してましたが、何度となく使い慣れてくると、
その便利さに気づいた方も多いのではないでしょうか。

オンライン商談のメリットは

  • 移動時間が削減できる → 一人当たりの商談数の増加が見込める
  • 移動コストが削減できる → 経費削減につながる
  • 営業エリアの限りがなくなる(拡大する)→ 見込顧客の増加が見込める
  • 台風などの天候にも左右されずに商談が可能になる
  • 資料のペーパレスが可能になり環境にやさしくできる

    などがあげられます。

これまでは商談というと、
訪問して直接対面することが当然とする考えが多数派でした。
しかし新型コロナウイルスの脅威以降、感染リスクを減らすためにも、
オンライン商談を受容する中小企業も増えてきました。

弊社もお客様よりよく質問を受けますが、

そもそもオンライン商談(web商談)はテレワークといえるのでしょうか?

在宅中での商談だけではなく、
双方ともに、いつも出勤している事務所で
パソコンとZOOMなどを活用して商談を行った場合も立派なテレワークです。

テレワークの定義は以下の通りです。
本ブログでは頻繁に使用するフレーズですので、是非覚えていただけると幸いです。

“テレワークとは、「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語で、
モバイル回線や通信機器(スマートフォンやタブレットやパソコン)などのICT(情報通信技術)を活用して、
場所や時間にとらわれない柔軟な働き方の総称“

出勤者同士での商談は、

パソコン・タブレットなどのICT機器やツールを活用して

オンライン商談を行うことにより

移動時間の削減効果は無論のこと、
会議室の有効活用も図れる(=時間や場所にとらわれない柔軟な働き方)ことから、
充分テレワークと言えます。


商談数の増加や経費削減につながることから、是非オンライン商談ツールの導入をご検討ください。


当社ではZOOMもお取り扱いしており1アカウントから申込可能です。


デモの実施も可能ですのでお気軽にご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせ先

株式会社 エヌ・アイ・エル・テレコム
法人営業部 新沼進
03-5905-5900
info-nilthoujin@n-interlife.co.jp

関連記事

  1. 日本テレワーク協会の通常総会にオンラインで参加しました
  2. おすすめのビジネスチャット WowTalkのご案内
  3. ビジネスチャットとメールの使い分けについて
  4. ご挨拶
  5. 非同期型コミュニケーションとしてビジネスチャットを活用する
  6. BYODとは?企業側から考えるメリットとデメリット
  7. スマートフォンのテザリング機能について
  8. 【8月5日】レッドフォックス株式会社と共催セミナーを開催します
PAGE TOP