ブログ

対面研修とオンライン研修の相違点

4月に入り新入社員が入社する季節になりました。
例年ですと新入社員研修が開催されている時期です新型コロナウイルスのまん延により、研修の様相も一変しました。


これまで、コロナ禍前までは、企業の研修といえば集合の対面式が主流でした。
しかしながら新型コロナウイルスの猛威により集合対面での研修が困難となりオンライン研修を導入、もしくは導入を検討している会社も多いと思います。

タブレットなどのデバイスやZoomなどのオンライン用ツールが浸透してきたことにより、オンラインでの研修も容易に開催することが可能となりました。
研修をより有意義に活用するためには、オンラインと対面研修のメリット・デメリットを理解することが第一歩です。

研修の分類

研修を分類すると以下の3通りの方法に分類できます。


  1. 対面研修
    同じ時間に同じ場所で集って行う研修
  2. オンライン(オンデマンド)研修
    同じ時間にICTを活用してオンラインで行う研修
  3. eラーニング
    既に用意されている動画などコンテンツを各自の都合よい時間に受講する研修

少しややこしいですが、
2.オンラインと、3.eラーニングは、双方ともにICTツールを活用している点は同様ですが、
講師と受講者もしくは受講者同士が同じ時間を共有しているかの違いとなります。
オンライン(オンデマンド)研修は同期型(時間を共有)
eラーニングは各々が都合の良い時間に視聴することから非同期型(時間を非共有)といえます。

今回は企業研修でも同期型である対面研修とオンライン研修の各々の特徴をご案内します。

1.対面研修の特徴


  • 講義だけではなくグループワークやディスカッションの効果が高い
  • 臨場感から醸し出す熱量やモチベーションの高揚が期待できる
  • 受講者同士の繋がりを促進できる
  • 接客ロールプレイングなど身体を動かす研修の効果が高い

対面での集合研修は、多くの人数が一堂に返します。
その結果、研修の時間内にグループディスカッション・ロールプレイングなど様々な手法を研修に取り入れることが可能になり、個々の手法の効果を実感できます。
受講者同士もしくは講師と受講者の一体感を高めることにより研修後の繋がりも促進されます。


多くの効果を期待できる対面研修ですが、受講時間だけではなく移動時間がかかり、全員を収容するための場所を用意しなければなりません。
移動のコストに場所のコストと、それなりに経費がかかるのがデメリットとなります。

2.オンライン(オンデマンド)研修の特徴


  • 多人数の受講が可能
  • 研修場所への移動時間や移動費用が削減できる
  • 資料共有が簡易に出来る

オンライン(オンデマンド)での研修は上述の対面研修がパソコンやタブレットを通したオンラインに変えた内容となります。
離れた場所で同じ時間を共有することで、対面研修の短所である場所の確保は不要で、移動時間がかからないなど効率的に運用できるメリットがあります。
いうまでもありませんが、オンラインはディスプレイを通した研修になります。
その結果、講師及び受講者同士が視覚や聴覚を通した情報やり取りが限られることにより、研修の効果は対面より低くなることが想定されます。
また、ロールプレイングやディスカッションを通した習熟や理解の深化は対面研修に劣ります。

座学やノウハウを習熟するにはオンラインでも充分効果は見込まれます。
且つ移動費用も掛からないことから経費削減の効果も見込まれます。
いっぽう対面での研修は、費用は高くなりがちですが、グループディスカッションやロールプレイングなど実際に即した応用力を育むことが可能です。

これからのニューノーマルの時代では、対面とオンラインの各々の特徴を鑑みて研修全体の精度を高める工夫が必要です。

eラーニングについては下記記事をご参照ください


エヌ・アイ・エル・テレコムでは、研修等にも活用可能なオンラインツールをご用意しています。
ご相談がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

    関連記事

    1. 店舗型のサービス業にビジネスチャットが有用な理由
    2. eラーニングのメリットと適した内容とは
    3. MDMの選び方とおすすめサービス「SPPM2.0」のご紹介
    4. 在宅勤務の生産性を向上させるツール3選
    5. オンライン商談(web商談)のメリット
    6. 【8月5日】レッドフォックス株式会社と共催セミナーを開催します
    7. 中小企業におすすめのクラウドサービス3選
    8. モバイルワークとビジネスチャット
    PAGE TOP