ブログ

テレワークと研修効果

こんにちは、法人営業部の新沼です。
今回は中小企業の皆様向けに研修についてご案内します。

4月に入り新入社員が入社する季節になりました。
例年ですと新入社員研修が開催されている時期です新型コロナウイルスのまん延により、研修の様相も一変しました。

コロナ禍前までは、研修といえば集合の対面式が主流でした。
しかしながら新型コロナウイルスの猛威により集合対面での研修が困難となりオンライン研修を導入中、もしくは導入を検討している会社も多いと思います。

ZOOMなどのオンライン用ツールが出てきたことにより、オンラインでの研修も容易に実施することが可能となりました。
研修をより有意義に活用するためには、オンラインと対面研修のメリット・デメリットを理解することが第一歩です。

研修の分類

研修を分類すると以下の3通りの方法に分類できます。

  1. 対面研修
    同じ時間に同じ場所で集って行う研修
  2. オンライン(オンデマンド)研修
    同じ時間にICTを活用してオンラインで行う研修
  3. eラーニング
    既に用意されている動画などコンテンツを各自の都合よい時間に受講する研修

1.対面研修の特徴


  • 講義だけではなくグループワークやディスカッションの効果が高い
  • 臨場感から醸し出す熱量やモチベーションの高揚が期待できます
  • 受講者同士の繋がりを促進できる
  • 接客ロールプレイングなど身体を動かす研修の効果が高い

対面での集合研修は、多くの人数が一堂に返します。
その結果、研修の時間内にグループディスカッション・ロールプレイングなど様々な手法を研修に取り入れることが可能になり、個々の手法の効果を実感できます。
受講者同士もしくは講師と受講者の一体感を高めることにより研修後の繋がりも促進されます。


多くの効果を期待できる対面研修ですが、受講時間だけではなく移動時間も考慮に入れなければならない。
且つそれなりの場所を用意しなければならないことを鑑みますと、それなりに経費や労力がかかるのがデメリットとなります。

2.オンライン(オンデマンド)研修の特徴


  • 多人数の受講が可能
  • 研修場所への移動時間や移動費用が削減できる
  • 資料共有が簡易に出来る

オンライン(オンデマンド)での研修は上述の対面研修がパソコンやタブレットを通したオンラインに変えた内容となります。
離れた場所で同じ時間を共有することで、対面研修の短所である場所の確保やは不要で、移動時間がかからないなどのメリットがあります。
しなしながら、対面ではなくディスプレイを通した研修になりますのでロールプレイングなどを通した習熟効果は対面研修に劣ることは否めません。

座学やノウハウを習熟するにはオンラインでも充分効果は見込まれます。
且つ移動費用も掛からないことから経費削減の効果も見込まれます。
いっぽう対面での研修は、費用は高くなりがちですが、グループディスカッションやロールプレイングなど、
より一層応用力を育むことが可能です。

今回の記事では、対面集合研修とオンライン研修の特徴をお伝えしました。
eラーニングの特徴や活用方法は、また別の機会に書かせていただきます。

中小企業の研修の活用もオンデマンドと対面の併用が必要な時代になってきました。
オンラインツールのご相談がありましたら、お気軽にご連絡ください。

    関連記事

    1. レッドフォックス株式会社との共催セミナー開催報告
    2. eラーニングの研修効果
    3. 日本テレワーク協会の通常総会にオンラインで参加しました
    4. スマートフォンのテザリング機能について
    5. MDMとは? 法人契約のスマートフォンにMDMが必要な理由をご案…
    6. おすすめのビジネスチャット WowTalkのご案内
    7. 店舗型のサービス業にビジネスチャットが有用な理由
    8. リモートワークとは?テレワークとの違いは?
    PAGE TOP