ブログ

リモートワークとは?テレワークとの違いは?

こんにちは、法人営業部の新沼です。
テレワークと同様にリモートワークという言葉を耳にすることも増えました。
紛らわしく感じる方もいらっしゃるかと思いますが、
二つの用語の違いは何でしょうか。

リモートワークとは?

リモートワークも、テレワーク同様造語で、
「remote=遠隔」と「work=働く」をあわせた言葉です。

前回の記事でもご説明しましたが、
テレワークは、「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語です。

「遠隔」と「離れた所」とほぼ同義ですね。
同じ意味で使用している方も多いとは思いますが、ほんの少しだけ相違があります。

テレワークの定義は?

厚生労働省のサイトにも記載されておりますが
「情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」です。

テレワークとは「情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」のこと。Tel(離れて)とWork(仕事)を組み合わせた造語です。

出典:厚生労働省ホームページ(https://telework.mhlw.go.jp/telework/about/


総務省や日本テレワーク協会のサイトでも同様に書かれてます。

テレワークとは、リモートワーク同様、事務所から遠隔で働くことを表します。
さらには“時間と場所を有効活用できる柔軟な働き方”の意図も中に込められた用語といえます。

「リモートワーク」は離れた場所で働くことを表す用語、「テレワーク」は離れた場所で働くことに加え、
“時間や場所を有効活用する”ことの意味を含む言葉と捉えていただければと思います。

それでは、“時間や場所を有効活用する”とはどのようなことでしょうか?


  • 業務中の移動時間を有効活用して業務の生産性を向上する
  • 育児や介護中の従業員の従業時間を柔軟に変えて優秀な社員の離職を防止する
  • サテライトオフィスや、自社の別事務所などを有効活用して業務効率をあげる
  • 通勤時間を削減して社員のワークライフバランスを実現する

エヌ・アイ・エル・テレコムがおすすめするテレワークとは、事務所以外で働くことだけではなく、上述のような”時間や場所を有効活用”した結果のベネフィットまで含めてご提案しております。

テレワークがうまく活用できない、なかなか定着しないという企業の皆様は、
テレワークを考える際には上記のようなベネフィットまで考慮して活用を考えてみてください。

エヌ・アイ・エル・テレコム法人営業部では、テレワークのツールやデバイスのご相談から承ります。
お気軽にご連絡ください。

    関連記事

    1. 店舗型のサービス業にビジネスチャットが有用な理由
    2. オンライン商談(web商談)のメリットとは 
    3. ご挨拶
    4. ビジネスチャットのメリットとは?
    5. テレワークのコミュニケーション課題とその対策
    6. テレワークと研修効果
    7. モバイルワークとビジネスチャット
    8. eラーニングの研修効果
    PAGE TOP